3新しいボード?リストを祝います! ティッカー:835297

言語を選択: 中文 | ENGLISH | 日本語版

お気に入りに追加メールログイン

地方文化

と呼ばに劣らない烏鎮の美-蕩口鎮
2016年01月21日ヒート :1833

  彼らは、1種の米を烏鎮、そんな小橋流水人家、思わず人のせいで汚れた江南長の水気;でも、蕩口に來て、あなたは発見して、彼女の美しさに劣らず、烏鎮の美;傍水で建てられた通り、水、橋や木、部屋と真っ靑の日改めて共同描かれ紙絵巻。

かれら 彼ら は、1 しゅ 種 の べい 米 を からす 烏 ちん 鎮 、そんな こ 小橋 りゅうすい 流水 じんか 人家 、 おもわず 思わず ひと 人 のせいで よごれ 汚れ た こうなん 江南 ちょう 長 の すいき 水気 ;でも、 蕩くち 蕩口 に き 來 て、あなたは はっけん 発見 して、 かのじょ 彼女 の うつくし 美し さに おとら 劣ら ず、 からす 烏 ちん 鎮 の び 美 ; はた 傍 みず 水 で たて 建て られた とおり 通り 、 みず 水 、 はし 橋 や き 木 、 へや 部屋 と まっ 真っ 靑の ひ 日 あらためて 改めて きょうどう 共同 えがか 描か れ し 紙 えまき 絵巻 。


  數年前、かつては自転車に乗って行って蕩口古い町で、その時、また住民が住んでいるが、立ち退きしているので、ぼろぼろ、きたない汚い汚い、僕に殘した印象はあまりよく。前の日、日曜日の晝の光、またそこに行ってみたい、結局修復後の町はまだ本當の姿を見たことがない。

すう 數 ねん 年 まえ 前 、かつては じてんしゃ 自転車 に のっ 乗っ て おこなっ 行っ て 蕩くち 蕩口 ふるい 古い 町で、その とき 時 、また じゅうみん 住民 が すん 住ん でいるが、 たちのき 立ち退き しているので、ぼろぼろ、きたない きたない 汚い きたない 汚い 、 ぼく 僕 に ざん 殘 した いんしょう 印象 はあまりよく。 まえ 前 の ひ 日 、 にちようび 日曜日 の ひる 晝 の ひかり 光 、またそこに いっ 行っ てみたい、 けっきょく 結局 しゅうふく 修復 ご 後 の町はまだ ほんとう 本當 の すがた 姿 を み 見 たことがない。


  偽例えば小橋、小川、小屋、小町、店、軽食は江南小鎮の特色のなら、一見、新しい町でも基本的に類似して、何もサプライズのところ、観賞してもも、組み合わせがいいシーン。時には、ちょうど1段の古い橋、1つのまだら模様の古い壁、ひとつの良き懐かしい戸板、きらり虛掩描いていて窓、細長いで遠い小を牽引できるあなたの目光、想いは時空を越えて、昔に戻って。

にせ 偽 たとえば 例えば こ 小橋 、 お 小川 、 こや 小屋 、 こまち 小町 、 てん 店 、 けいしょく 軽食 は こうなん 江南 こ 小 し 鎮 の とくしょく 特色 のなら、 いっけん 一見 、 あたらしい 新しい 町でも きほん 基本 的に るいじ 類似 して、 なに 何 もサプライズのところ、 かんしょう 観賞 してもも、 くみあわせ 組み合わせ がいいシーン。 とき 時 には、ちょうど1 だん 段 の ふるい 古い はし 橋 、1つのまだら もよう 模様 の ふるい 古い かべ 壁 、ひとつの よき 良き なつかしい 懐かしい と 戸板 、きらり きょ 虛 ょくえん 掩 えがい 描い ていて まど 窓 、 ほそながい 細長い で とおい 遠い しょう 小 を けんいん 牽引 できるあなたの め 目 ひかり 光 、 おもい 想い は じくう 時空 を こえ 越え て、 むかし 昔 に もどっ 戻っ て。


  芳華蘅舊居だけ見て聞いているのは、以前、ネットをいくつかの寫真も、あまりに簡単にくずして、今回駆け足度に進った庭、重い家柄、偽山の池の飾りが用意させ、偏院の接続に加え、ルートの紆余曲折を回り、初めて入るこの迷路のような錯覚をも見る前の大所の概況にもかかわらず、これらの置物が初のシーンというわけではないが、想像の空間をも感じました。江南以前たくさんの自家用の庭、外見からは普通の人と大きな違いはない、盛大な排場と生意気な外観が、入れるのに面、やっとそんな洗練された、艶やか!ただ外であなたには見えないかもしれないが、これを代表した主人の1種の涵養と理念は、言いふらして、高慢で、ない、ない、ない世俗に媚びる露富群集、軽薄。華蘅芳業績は以前、歴史の教科書に通うことは、清朝末期の有名な數學者、科學者、特にと徐壽作った中國初のタービンは更に知られて久しい、華氏の舊居に今の展示はこれらの記念すべき秘蔵。

ほうか 芳華 蘅 きゅうきょ 舊居 だけ み 見 て きい 聞い ているのは、 いぜん 以前 、ネットをいくつかの しゃしん 寫真 も、あまりに かんたん 簡単 にくずして、 こんかい 今回 かけあし 駆け足 ど 度 に すすむ 進 った にわ 庭 、 おもい 重い いえがら 家柄 、 にせ 偽 やま 山 の いけ 池 の かざり 飾り が ようい 用意 させ、 へん 偏 いん 院 の せつぞく 接続 に くわえ 加え 、ルートの うよきょくせつ 紆余曲折 を まわり 回り 、 はじめて 初めて はいる 入る この めいろ 迷路 のような さっかく 錯覚 をも みる 見る まえ 前 の だいどころ 大所 の がいきょう 概況 にもかかわらず、これらの おきもの 置物 が はつ 初 のシーンというわけではないが、 そうぞう 想像 の くうかん 空間 をも かんじ 感じ ました。 こうなん 江南 いぜん 以前 たくさんの じかよう 自家用 の にわ 庭 、 がいけん 外見 からは ふつう 普通 の ひと 人 と おおきな 大きな ちがい 違い はない、 せいだい 盛大 な でん 排 じょう 場 と なまいき 生意気 な がいかん 外観 が、 いれる 入れる のに めん 面 、やっとそんな せんれん 洗練 された、 あで 艶 やか!ただ がい 外 であなたには みえ 見え ないかもしれないが、これを だいひょう 代表 した しゅじん 主人 の1 しゅ 種 の かんよう 涵養 と りねん 理念 は、 い゜ふらし 言いふらし て、 こうまん 高慢 で、ない、ない、ない せぞく 世俗 に こびる 媚びる ろ 露 ふ 富 ぐんしゅう 群集 、 けいはく 軽薄 。華蘅 よし 芳 ぎょうせき 業績 は いぜん 以前 、 れきし 歴史 の きょうか 教科 しょ 書 に かよう 通う ことは、 しんちょう 清朝 まっき 末期 の ゆうめい 有名 な すうがく 數學 しゃ 者 、 かがく 科學 しゃ 者 、 とくに 特に と じょ 徐 じゅ 壽 つくっ 作っ た ちゅうごく 中國 はつ 初 のタービンは さらに 更に しら 知ら れて ひさしい 久しい 、 はな 華 し 氏 の きゅうきょ 舊居 に いま 今 の てんじ 展示 はこれらの きねん 記念 すべき ひぞう 秘蔵 。


  華氏義莊も悪くない!庭には、塾、ホールがあり、消せない記憶がある。これらの建物を見ると、江南で、以前の氏族の勢力と影響は非常に深遠な、同姓の氏族の內部は、侍は相互、金持ちの家を出て物を一緒に貧しい家庭の出力を助け、読まない本の子供義莊の書塾で勉強して、寄付を寄贈の食糧援助困難な人の群れただ、小範囲の同族集団が、感動の快挙も。昔懷海義莊見學して、小さい時の錢穆貧しく、會員の銭偉長はこのような待遇を受けた義莊で、そして機會があって才能と有名になって、社會に報いにして家族の名譽と輝きを増してい。今の社會は今の社會?その中の道理をしっかり考えて、本當にすばらしいと調和の取れた社會を建設することに役立つと考えている!

か 華 し 氏 義しょ゜ 義莊 も わるく 悪く ない! にわ 庭 には、 じゅく 塾 、ホールがあり、 けせ 消せ ない きおく 記憶 がある。これらの たてもの 建物 を みる 見る と、 こうなん 江南 で、 いぜん 以前 の しぞく 氏族 の せいりょく 勢力 と えいきょう 影響 は ひじょう 非常 に しんえん 深遠 な、 どうせい 同姓 の しぞく 氏族 の ないぶ 內部 は、 さむらい 侍 は そうご 相互 、 かねもち 金持ち の いえ 家 を で 出 て もの 物 を いっしょ 一緒 に まずしい 貧しい かてい 家庭 の しゅつりょく 出力 を たすけ 助け 、 よま 読ま ない ほん 本 の こども 子供 義しょ゜ 義莊 の 書じゅく 書塾 で べんきょう 勉強 して、 きふ 寄付 を きぞう 寄贈 の しょくりょう 食糧 えんじょ 援助 こんなん 困難 な ひと 人 の むれ 群れ ただ、 しょう 小 はんい 範囲 の どうぞく 同族 しゅうだん 集団 が、 かんどう 感動 の かいきょ 快挙 も。 むかし 昔 懷え゜げかい 懷海 義しょ゜ 義莊 けんがく 見學 して、 ちいさい 小さい とき 時 の 錢きよし 錢穆 まずしく 貧しく 、 かいいん 會員 の せん 銭 が 偉 ちょう 長 はこのような たいぐう 待遇 を うけ 受け た 義しょ゜ 義莊 で、そして きかい 機會 があって さいのう 才能 と ゆうめい 有名 になって、 しゃかい 社會 に むくい 報い にして かぞく 家族 の めいよ 名譽 と かがやき 輝き を まし 増し てい。 いま 今 の しゃかい 社會 は いま 今 の しゃかい 社會 ?その なか 中 の どうり 道理 をしっかり かんがえ 考え て、 ほんとうに 本當に すばらしいと ちょうわ 調和 の とれ 取れ た しゃかい 社會 を けんせつ 建設 することに やくだつ 役立つ と かんがえ 考え ている!


  正巧、錢穆もかつてここで教えた時期の本は、狹いで遠い小さい見た境內にやって、新しい錢穆舊居、とても小さくて、窓を閉じていても。錢穆生まれはここから遠くないの七房橋、のちの有名な學者は、私の憧れの人の1つ。時には、私は、1基の江南の町では、これらの私は身近な環境の中で、きっと見つける學問のある人の姿を、自分は小さい時からはかつてこのような環境の中で成長のため、私達もこのような當初は平常大家のように、徐々に後代憧れのマスター?あの人は私のことができますか。

せい 正 こう 巧 、 錢きよし 錢穆 もかつてここで おしえ 教え た じき 時期 の ほん 本 は、 せまい 狹い で とおい 遠い ちいさい 小さい み 見 た けいだい 境內 にやって、 あたらしい 新しい 錢きよし 錢穆 きゅうきょ 舊居 、とても ちいさく 小さく て、 まど 窓 を とじ 閉じ ていても。 錢きよし 錢穆 うまれ 生まれ はここから とおく 遠く ないの しちふさ橋 七房橋 、のちの ゆうめい 有名 な がくしゃ 學者 は、 わたし 私 の あこがれ 憧れ の ひと 人 の1つ。 とき 時 には、 わたし 私 は、1 き 基 の こうなん 江南 の まち 町 では、これらの わたし 私 は みじか 身近 な かんきょう 環境 の なか 中 で、きっと みつける 見つける がくもん 學問 のある ひと 人 の すがた 姿 を、 じぶん 自分 は ちいさい 小さい とき 時 からはかつてこのような かんきょう 環境 の なか 中 で せいちょう 成長 のため、 わたし 私 たち 達 もこのような とうしょ 當初 は へいじょう 平常 おおや 大家 のように、 じょじょに 徐々に こ゜だい 後代 あこがれ 憧れ のマスター?あの ひと 人 は わたし 私 のことができますか。


  日曜日の午後、古い町の街にはいくつかの遊覧客がなく、うるさい、ましてやに込んでいて、むしろこんな町物寂しい點もない、にぎやかによる騒ぎ立てるように、あの日のように、靜かに聞いて川の流れ、ゆっくり見て天地の世の変転!

 

 

 

 

 

在线欧美精品一区二区三区_每日更新在线观看av_手机_泳池里强摁做开腿啊_18禁美女污色白色液体